美容外科について
美容外科の主な料金表
施術内容
しわとり
肝斑・シミ治療
ビタミンCのイオン導入
レーザー脱毛

美容外科についてQ&A
ワキガについて
豊胸術について
二重まぶたについて
いれずみ
 (タトゥー)について







美容外科について > 施術内容:肝斑・シミ治療(レーザートーニング)

肝斑・シミの治療

 肝斑とは、30~40代のアジア人女性に多く見られる、薄茶色をしたシミの一種です。
 レーザートーニングは、治療が難しい肝斑・シミに効果のあるレーザー治療です。顔全体に弱いレーザーを照射して、肌の中に滞留しているメラニンに対して働きかけ、肝斑を薄くしていく方法です。作用がおだやかなので、日常生活に支障なく治療を受けることができ、回数を重ねる毎に効果があらわれます。個人差がありますが、3~4回くらいから変化を実感する方が多いようです。
 なお、レーザートーニングの後に、イオン導入を続けて行うとより効果的です。
 濃いシミには、スポットでレーザーを照射します。
 メラニンの活性化を抑えるため、治療中は内服薬や外用薬を併用します。
 紫外線をできるだけ防ぎ、肌をこすらないようにしましょう。
 レーザートーニングは、治療の前に詳しい説明を聞いてから始めましょう。

■治療例

<治療前> <治療後>

初診診察料 3,000円
レーザートーニング 1回 顔 10,000円
             イオン導入付 15,000円
レーザースポット 10mm×10mm 1ヶ所 10,000円
(消費税含まず)

   


All Rights Reserved, Copyright © 2002, Keyama Hospital