美容外科について
美容外科の主な料金表
施術内容
しわとり
肝斑・シミ治療
ビタミンCのイオン導入
レーザー脱毛

美容外科についてQ&A
ワキガについて
豊胸術について
二重まぶたについて
いれずみ
 (タトゥー)について







美容外科について > いれずみ(タトゥー)について
 
Q. 20歳の頃に軽い気持ちで、右腕にいれずみ(タトゥー)を入れてしまいました。
結婚して子供ができ、そのうちプールや海に連れていくのになんとか消したいのですが、消せますか?(29歳 男性)
A.  いれずみは、小さいものでは指に線を入れたり、大きいものでは映画で見るような肩から胸、上腕にかけてなど、その大きさや場所は様々です。
 小さいものなら、その部分を切り取って縫い寄せます。レーザー治療で簡単に消せるのでは?との質問も多いですが、レーザーで焼くだけでは、色は消せても図の形が残る場合が多いのです。切り取って縫い寄せたものは、一本の線状の傷痕になります。
 大きなものは縫い寄せることができないので、全身麻酔下での皮膚移植手術と約1週間の入院が必要になります。また、大きな皮膚移植をすると、手術痕がやけどの痕のようになる場合があります。
 いずれにしても、いれずみは入れる時より除去する時の方が時間と費用を必要とします。入れないに越したことはありませんが、入れてしまったいれずみを何かの傷痕だと言い訳ができるように手術することはできます。
■治療例
 
<治療前/治療後>


   


All Rights Reserved, Copyright © 2002, Keyama Hospital